へぐり散策マップ

  1. ホーム
  2.  > へぐり散策マップ
  3.  > 歴史を訪ねる
  4.  > 歴史スポット
  5.  > 【古墳を巡ろう②】西宮古墳~7世紀中葉~

【古墳を巡ろう②】西宮古墳~7世紀中葉~

  • 歴史スポット
  • img
  • img
  • img
  • img

平群町の古墳を紹介していく企画"古墳を巡ろう"の二つ目は『西宮古墳』!!

平群中央公園の南側にあるため、公園の駐車場に車を止めて見学することができます。

公園には公衆トイレもあるため、トイレ休憩スポットとして散策ルートに入れるのも良いですね♪♬♪♬♬♪

【バックナンバー】

烏土塚古墳:https://kanko.town.heguri.nara.jp/walk/spot/spot317.html

=======================================About 西宮古墳=======================================

西宮古墳は廿日山(はつかやま)丘陵の南側斜面、中段に築造された一辺が36m、高さは7.5mの方墳で、

二段のテラスを配して三段に築成されています。昭和31年には県指定史跡になりました。


墳丘は全面に貼石が施され、傾斜部分(35度)は扁平な石を、テラス部分はやや丸みのある石を用いています。

また、墳丘の南側、下段テラス面にあわせて精美な切石の横穴式石室を設け、羨道側石と天井石の前面を墳丘

勾配に合わせて加工されています。この状況から、石室の開口部を墳丘封土に埋め込むのではなく、扉状の施

設によって閉塞し、石室を墳丘外に明示していたことが確認できます。

石室は基本的に一石で積まれ、玄室は奥壁、側石、天井石がそれぞれ一枚石で積み木のように組まれており、

目地には漆喰(しっくい)が詰められています。 また、石室の床面には近世に礫石経(れきせききょう)法華経が

敷かれていますが、この下には90cm角ぐらいの花崗岩切石を敷きつめていると考えられています。


玄門部には竜山石(たつやまいし)製の刳抜式(くりぬきしき)家形石棺身部が盗難を免れて残っており、

外面上下に帯状の突帯を設けています。

羨門部では須恵器坏蓋(つきふた)、高坏片が出土しており、7世紀中葉から後半の築造と考えられています。

============================================================================================

スポット情報

最寄り駅

近鉄竜田川駅

住所

平群町西宮543番地ほか

アクセス

近鉄竜田川駅より徒歩5分

駐車場 有り(平群中央公園内)

近くのスポット

2022/04/13

くらしを楽しむ

「へぐりの日」フォトセッション!なりきり撮影会

◆プロが撮る!なりきりフォトセッション! 時代行列の衣装を着て写真を撮りませ...

2022/02/01

くらしを楽しむ

山のぽっけコラム②「毘沙門天はソロ活動中」

道の駅大和路へぐりくまがしステーション

2022/01/04

歴史を訪ねる

【謹賀新年】山のぽっけコラム①「信貴山の寅。」

あけましておめでとうございます。 2022年。12年に1度の寅年の幕開けです...

2021/11/09

平群ブランド

小菊で元気をお届します

小菊の花ことば、知っていますか? 「真実」「元気」「純情」。綺麗な花ことばで...

2021/05/18

実りを味わう

近畿大学農学部アグリビジネス実習(大豆の定植)

今回のアグリビジネス実習は良い天候の中で行えました。 大豆の定植、カボチャ(...

2021/05/13

ニュース&トピックス

平群町・四国八十八ヶ所霊場ご本尊の石仏紹介

今回は平群史蹟を守る会様より情報提供いただきました平群町・四国八十八ヶ所霊場...

ページトップへ

スマートフォン版ページで見る