へぐり散策マップ

  1. ホーム
  2.  > へぐり散策マップ
  3.  > 歴史を訪ねる
  4.  > 歴史スポット
  5.  > 【古墳を巡ろう③】宮山塚古墳~5世紀後半~

【古墳を巡ろう③】宮山塚古墳~5世紀後半~

  • 歴史スポット
  • img
  • img
  • img
  • img

平群町にある古墳を紹介していく"古墳を巡ろう"シリーズ第3弾は『宮山塚古墳』。

平群を代表する人気スポットになってきた"椿井城跡"への登り口付近にある県指定史跡です。

「椿井城に行くので、近くの史跡にも立ち寄りたい」という方におススメです♪♬♪♪♬♪

また、通常は石室内の見学はできませんが、

4月29日(祝)の第6回へぐり時代祭りに合わせて限定公開される予定ですので、

この機会に訪れるのも良いかも知れませんね♡

【バックナンバー】

【古墳を巡ろう①】烏土塚古墳~6世紀後半~:https://kanko.town.heguri.nara.jp/walk/spot/spot317.html

【古墳を巡ろう②】西宮古墳~7世紀中葉~  :https://kanko.town.heguri.nara.jp/walk/spot/spot318.html

======================================About 宮山塚古墳======================================

宮山塚古墳は椿井の氏神"春日神社"の西側隣接地にある直径約26m、高さ約7mの円墳で、

県指定史跡です。また、近畿地方でいち早く横穴式石室を取り入れた古墳として知られており、

とても貴重な存在です。


墳丘は東側の山頂稜線にある椿井城への登り口に作られた土塁施設に取り込まれています。

また、墳頂部が平坦に削られており、墳丘が方形に加工されているようです。

主体部は南に開口する古式の横穴式石室。玄室は長さ4.1m、幅3m、高さ3.2mと正方形に

近い平面プランになっており、玄室奥より見て右側のみに袖のある右片袖式石室です。

玄室は下半が垂直に積まれていますが、上半部分は四方から内側に持ち送られており、

コーナーの無くなるドーム状で"天井石"とよべるものはありません。

また、羨道も幅1m、高さ0.5mと非常に小さい構造になっています。

出土遺物は確認されていませんが、特異な石室構造より5世紀後半~末頃の築造と考えられてます。

また、奥壁中央の上下2ヶ所に、石材を窪ませた場所があり、燭台を配置する龕(がん)状施設である

可能性が指摘されています。

なお、天井付近の一部に崩落があったため、現在は石室内の見学はできません。

=========================================================================================

スポット情報

住所

平群町椿井1505番地

アクセス

近鉄竜田川駅より徒歩20分
道の駅大和路へぐり・くまがしステーションより徒歩15分

駐車場 無し
備考

石室内の見学不可。

近くのスポット

2022/04/13

くらしを楽しむ

「へぐりの日」フォトセッション!なりきり撮影会

◆プロが撮る!なりきりフォトセッション! 時代行列の衣装を着て写真を撮りませ...

2022/02/01

くらしを楽しむ

山のぽっけコラム②「毘沙門天はソロ活動中」

道の駅大和路へぐりくまがしステーション

2022/01/04

歴史を訪ねる

【謹賀新年】山のぽっけコラム①「信貴山の寅。」

あけましておめでとうございます。 2022年。12年に1度の寅年の幕開けです...

2021/11/09

平群ブランド

小菊で元気をお届します

小菊の花ことば、知っていますか? 「真実」「元気」「純情」。綺麗な花ことばで...

2021/05/18

実りを味わう

近畿大学農学部アグリビジネス実習(大豆の定植)

今回のアグリビジネス実習は良い天候の中で行えました。 大豆の定植、カボチャ(...

2021/05/13

ニュース&トピックス

平群町・四国八十八ヶ所霊場ご本尊の石仏紹介

今回は平群史蹟を守る会様より情報提供いただきました平群町・四国八十八ヶ所霊場...

ページトップへ

スマートフォン版ページで見る