へぐり散策マップ

  1. ホーム
  2.  > へぐり散策マップ
  3.  > 平群ブランド
  4.  > 農産物・特産物
  5.  > 山のぽっけコラム⑧「平群のぶどう」

山のぽっけコラム⑧「平群のぶどう」

  • 農産物・特産物
  • img
  • img

「平群のぶどう」

ぶどうのおいしい季節ですね。平群町の椹原(ふしはら)地区は100年以上の歴史のあるぶどうの産地。奈良県の作付面積の約24%を占める県内一の産地です。中でもデラウェアと巨峰が主力品種で、とっても甘くてほっぺが落ちてしまうほどの美味しさです。

へぐりで美味しいぶどうができるワケ

平群町の椹原地区にはぶどうのハウスが広がっています。通称:ぶどう山と呼ばれる南向き・東向きの斜面は、朝早くから日当たりが良く、逆に夕日は当たりにくく温度が下がるのが早いという地形です。1日の寒暖差があることで色が良く、甘くて美味しいぶどうになります。都市近郊のため、しっかり熟してから収穫しその日のうちに市場へ出荷できるので「甘くて美味しいぶどう」と高く評価されています。

デラウェアの豆知識

デラウェアはアメリカ合衆国オハイオ州のデラウェアで発見されたためこの名前が付きました。平群町では大正時代の末期に導入されたと言われています。はじめは種がありましたが、昭和時代に種ができないように処理するジベレリンが発明されてから、現在のような種なしで食べやすいデラウェアになったそうです。ちなみに、ぶどうの花には花びらがないのを知っていましたか?そんな控えめで奥ゆかしいお花が豪華で甘い実をつけるなんて、なんだかドラマチックですね。

美味しいぶどうの見分け方

ぶどうの表面は鮮度を保つ「ブルーム」と呼ばれる白い粉のようなもので覆われています。このブルームがきれいに付き、色づきがしっかりしていて皮に張りがあり、軸が緑色のものを選びましょう。そして、本当は秘密にしておきたいとっておきの情報ですが...ぶどうは軸に近いほうから先に向かって熟していくため、上のほうが甘く下に向かうほど酸味が増します。ぶどうをみんなで食べるとき、このコラムを読んだあなたは率先して台所に立ち、上のほうを自分のお皿にそっと乗せて配膳しちゃいましょう。うふふ。

※取材にご協力いただいた農家のみなさん、ありがとうございました。へぐりって魅力的でわくわくする素敵なところ。ちょっと!知ってた?て言いたいことが沢山あって、コラムで紹介していきます。あなたの好奇心をくすぐります。

スポット情報

近くのスポット

2022/09/30

歴史を訪ねる

【参加者募集】椿井城跡をあるこう~ひるむな、かかれ、我につづけ~

平群谷が眼下に広がり景色も抜群。信貴山城址方面もよく見えます。自然のまま残さ...

2022/09/06

くらしを楽しむ

【絵画募集】椿井城ってこんなかな?「夢のお城を描いてみよう」

関ヶ原の戦いで活躍した平群町ゆかりの武将「嶋左近」の居城であったとされる椿井...

2022/09/01

歴史を訪ねる

山のぽっけコラム⑨「役行者と千光寺」

「役行者と千光寺」 鳴川の千光寺。そこには深い歴史がありました。 千光寺を...

2022/08/02

くらしを楽しむ

大阪・お城フェス2022に参加します!

平群町にある「信貴山城址」と「椿井城跡」。乱世の梟雄と呼ばれた松永久秀の居城...

2022/06/28

景観に浸る

山のぽっけコラム⑦「戦国武将 松永久秀」

「戦国武将 松永久秀」 平群町ゆかりの戦国武将と言えば嶋左近と松永久秀で...

ページトップへ

スマートフォン版ページで見る